子どもの歯を守る意義を周知すると共に歯医者さん選びを支援する歯科情報サイト

>

歯医者さんや歯のケアの重要性と歯医者さん選びを失敗しないコツ

歯のケアは子どものうちに習慣化

長らくデンタルケアにおいて、デンタルケアの先進諸国に後れを取ってきた日本でも、予防歯科の普及が進み、虫歯の発症をはじめとした歯の傷病は減少に転じはじめていますが、この傾向は若年層に顕著である一方、予防歯科の普及がまだまだ本格的とは言い難かった中年以上の年齢層では、歯の傷病の発生頻度が大きく減じているとは言い難い状況にあります。

これは、歯磨きとゆすぎをベースとしたデンタルケアの基本は幼少期のうちに保護者から教わるために、保護者のデンタルケア意識と子どもが身に着けるデンタルケア習慣が密接にかかわっていることに起因し、予防歯科が普及した若年層ほど早期にデンタルケア習慣の重要性を認知しやすく、年齢層が高いほどデンタルケアの重要性を認知しにくいという、デンタルケアを習慣化する際の環境によるところが大きいのでしょう。

乳歯のうちから歯をケアする意義

子どもの歯を守るためには、できるだけ早期に保護者が子どものためにデンタルケアを始める必要がありますが、どうせ乳歯は生え変わるのだから歯ブラシでケアしてあげれば十分とお考えになる方もおられるかも知れません。

しかし、これは明確に間違いで、そもそも新生児の口内には虫歯の原因菌となるミュータンス菌が存在しておらず、虫歯の原因は周囲からの感染、すなわち保護者や親族からの感染が基本原因となるため、保護者の虫歯の有無に関係なく、ミュータンス菌の保菌者であることを前提とした接し方をとることからデンタルケアが始まり、子どもへの口回りの接触はもちろん、ミルクの温度を測る際や離乳食を与える際に、しっかり手を洗うなどすれば、子どもにミュータンス菌が感染するリスクを抑制でき、乳歯段階からミュータンス菌がいない状態を保つことは、永久歯の虫歯発症を予防することにつながります。


この記事をシェアする
▲ PageTop