子どもの歯を守る意義を周知すると共に歯医者さん選びを支援する歯科情報サイト

>

子どものために歯医者さんを探すタイミングと選び方

歯が生え始めたら歯医者さんへ

歯に対して具体的にケアを行うという意味でのデンタルケアの開始タイミングとして考えるなら、乳歯が一本生えた時点がベストで、やわらかいブラシの歯ブラシを用いてケアをはじめるだけでなく、できれば、小児歯科と予防歯科の両方の診療を行っている歯医者さんを主体に、子どものかかりつけの歯医者さんの選定も並行して進めてください。

早い段階でかかりつけの歯医者さんを決めておくと、歯医者さんに苦手意識を持つより以前の段階で子どもが歯医者さんに慣れることができる余地が生じるだけでなく、家庭で行うべき子どものための歯磨きについての相談ができるなどの利点がありますし、定期的に歯医者さんに通うという、デンタルケアにとって重要な習慣を無理なく身に着けることが多少なりとも容易になるはずです。

歯医者さんを選ぶポイント

現在、日本における歯医者さんは飽和状態にあるため、歯医者さんを選ぶのも一苦労でしょうが、子どものためにかかりつけ歯医者さんの候補となる歯医者さんを選ぶ以上は、最低限、通院することが子どものデンタルケアにとってプラスに働く歯医者さんを選ぶ必要があります。

では、子供のデンタルケアにとって良い歯医者さんのポイントはというと、診療科に子どもの歯科治療を担う小児歯科と虫歯や歯周病の予防を主とする予防歯科があることを前提として、会話の成立しない乳幼児への対応と診療を同時並行的に行える歯医者さんであることが望ましく、更に言えば相談窓口や子ども向けのキッズスペースを備えているのであれば、かかりつけ歯医者さんの候補として十分ですが、定期的な通院を考えると交通の便も無視できません。


この記事をシェアする
▲ PageTop